写真集を見る
  • 建築地
    埼玉県上尾市
  • [職方]
    大工
    山内弘美
    植栽
    ヴィリディフローラ 菅太郎
    庭プラン
    諸橋 義徳

あけてびっくりキッチンリフォーム

築35年の一戸建て住宅。3回目のリフォームにてキッチンとダイニングをリフォームしました。老朽化した設備や排水漏れを解決するだけでなく、床・壁・外壁に至るまで一部屋まるごとスケルトンにし、断熱改修もあわせて行いました。キッチンダイニングのレイアウトも、新たに購入した隣地を庭にする計画とあわせてダイニングから庭を臨めるよう配置を変しました。

工事中、キッチンの床を解体したところ、排水漏れが屋内床下にも生じていたことが発覚。土台や柱も一部腐食し、隣接する部屋の床まで湿気で腐りかけていました。これは砂とセメントで防湿対策を施しました。今回解体してびっくり!な事態でしたが、適切な対処ができたのが幸いですね。

キッチンは真新しい設備になって使い易く、新たに貼った床のコルクは足ざわりが非常に暖かみを感じます。天井のさわらも木のぬくもりが感じられとても心地よい空間となりました。これからはダイニングから見える新しい敷地に、自分好みの庭と畑を、ゆっくり時間を掛けてつくっていきたいと、建主さんが話して下さいました。

工事内容
  • 壁・天井の断熱補修+断熱窓取付(トステムディオPG)
  • キッチン交換 (トステムヴィートワン)
  • 床コルク貼り (東亜コルク)
  • 壁クロス貼り (サンゲツ)
  • 天井 さわら無垢板貼り (埼玉県産)
※工事中の様子をご覧になりたい方はblogにて公開しています。