写真集を見る
撮影/高木 信行
  • 建築地
    埼玉県所沢市
  • [概要]
    敷地面積
    89.7坪
     規模
    1階18.8坪 2階20.4坪 ガレージ12.1坪
     構造
    木造軸組
  • [仕様]
    構造材
    無垢材(杉・桧・米松)
    羽柄材
    無垢材(杉・桧)
    造作材
    無垢材(椹・米栂・タモ)
    屋根
    人工スレート
    外壁
    左官仕上げ・ガルバニウム鋼鈑(波板)
     窓 
    鋼製建具(ペア/Low-e)
    内装
    床 :無垢板(ナラ)
       洗出し(玄関)
    壁 :漆喰(スタイロ仕上げ)
    天井:漆喰(スタイロ仕上げ)
    キッチン
    造作キッチン(ステンレス・タモ)
    浴室
    在来浴室(タイル・椹)
  • [職方]
    大工
    伊藤孝行
    基礎
    森田土建
    建具
    武井建具
    左官
    ミナミ工業
    植栽・外構
    彩苑
    木工
    KIMU-WOOD

川と桜とカワセミの家

「森の中にあるような家」に住んでみたかったのです。そして、バイクや車をゴチャゴチャと好きにいじれるガレージと、大量の荷物がすっぽり収まる場所

見学会で見させていただいた、緑と素敵に共存する家(素晴らしいセンス!)、北側でもうまく光を取り込んだ明るい家(きちんと考えられた設計)が決め手となりました。

いやはや本当に、我儘言いまくり変更出しまくり、そもそも最初の打ち合わせから自ら描いた図面を臆面もなく持ち込む…という恐らく最大級にメンドウな施主に、よくぞここまで耐えこらえ、時に嬉々として(ヤケクソ?)お付き合いいただいたものだと思います。

打ち合わせはエキサイティングで楽しいものでした。 台風の日の打ち合わせ、電車が止まりトトモニ事務所にお泊りしたこともありました。 しかし何といっても一番の思い出は、木枯らし吹く上棟の日、炊き出していただいたトン汁を職人さんも一緒にみんなで食べたこと。温かく、忘れ難い思い出です。

住んでみて…やはり幸せな家と土地です。
傍らの緑に、温かい黄色の漆喰やナラの床がよく似合います。 さらに素敵なのは木とタイルのお風呂です、本当に何て愛らしい…。時間が合うと窓からお月見もできるんですよ(ふふふ)。
植栽がかわいい玄関は優しい雰囲気、水やりをしていると色んな人に声を掛けられます。 人を引き付ける魅力があるのだと思います。

リビングでは良く音楽が響き、景色と相まって広々とした空間になります。桜とケヤキを見ながらこの家での暮らすのは楽しいものです。
雨の日の川の増水はちょっとヒヤヒヤしますし、自然が多い分虫達とのつきあいも大変。
鍵穴に、虫に巣を作られた時は自然の猛威を思い知らされました(←大げさ)。
しかしこの場所には必然的についてくるもの。うまくつきあっていくしかないですね。

何はともあれ、これからも末永くこの家とともにほっこりする時間を過ごしていきたいと思います。

(住まい手)