• 設計・施工Click!

    トトモニスタイル

    建築士と現場監督ではじめた家づくりの会社です。
    住まい手であり、設計者であり、施工者でもある自分達が「こういう家に住みたい」という家を造る事を目指しています。
    不動産屋、工務店、設計者、住まい手。まずは自分の役割でいい家を考え、次に相手の立場になっていい家を想像し
    垣根を越えて話合うことで、生み出される家。
    「○○とともに」のトトモニです。

    トトモニならではの取り組み

    住む場所探し
    家族が求める生活や未来設計、コスト、環境、通勤通学、資産価値などなど、土地選びから家づくりは始まります。家づくりは生活づくり。住む場所で生活スタイルも変わりますし、求められる家の性格も変わってきます。そんな時、住まい手目線で一緒に考え 設計者目線で土地の魅力を探し出し、施工者目線で造り方を検討しながら、 一緒に土地探し(下見・相談・紹介)をしています。
    土地探し
    土地を活かす
    色々なシーンを思い浮かべながら、土地の特徴を活かした提案します。朝日の入る場所や風の通りなどを読み解いて、生活動線や居心地の良さを見つけます。まさしく居心地の良い場所を見つけて、活かしてという感じです
    プランニング
    ぜひトトモニからの提案をお楽しみください。
    基本プラン(間取り)は納得がいくまで、詳細設計(照明や設備や収納計画 仕様選定など)も打合せを重ねます。
    「人を呼んでワイワイやりたい」とか「静かにお酒を飲みたい」とか「子供と虫採りやキャンプに行きたい」とか、生活スタイルや趣味や野望などそういう話題から設計者が求められる広さや部屋など空想していきます。
    コスト管理
    家づくりで大切になってくるのは費用をどこに掛けるのかのバランス。ここを間違えると気持ち良い生活ができないことも。土地は一等地でも家が小さすぎたり デザインにコストを掛けすぎて収納が無いとか動線が悪かったり、快適で居心地良く健康な生活できる家を造りたいと思ったとき、全体のバランスを取りながら、取捨選択をしていく作業も必要です。
    土地探し、設計、施工を全て行っているからこそ細かいバランス調整が可能です。
    素材を大切に、素材を使いこなす
    自然素材を使った家づくりをしています。人も自然の一部と考えれば 自然素材の家が居心地がいいのは当然です。
    自然素材のメリットは「健康被害のリスクが少ない」「湿度調整してくれる」「経年変化で味わいを増す」などなど。その反面自然素材は難しさもあります。その特徴をよく知ったつくり手が手がける必要があります。
    家が完成したあとに、快適に過ごせる家になるかどうかは素材選びと技術によります。(住まい手の生活も一要因です)
    蓄積された技術と新しい技術の両面から検討を重ねています
    家づくりを楽しむ
    家を見る・家を知る
    かならず実際の家を見て貰うようにしています。完成見学会、構造見学会、実際に住まわれている家への御案内等に是非お越し下さい。
    「写真や図面で分かること」と「実際にその場で感じる事」は違います。実物をみると、思ったより広々と感じたり、また空気感が違います。また実際に住んでいる人の声を聞いてみるのは貴重な体験です。
    生活してみて感じる事、設計中や施工中などの事、スタッフは席を外してもいいですよ。なんでも聞いてみて下さい。
    家づくりを楽しむ
    簡単に物が手に入る世の中で、家もまた商品として売買されていますし、私達も便利な物や簡単に手に入る物をよく利用します。しかし、自分達が住みたい家、造りたい家を考えたときに、物を買う、売るという感覚ではなく、「ともにつくる」という関係と意識をもって生み出された家がいいなと考えました。
    そうしてつくられた家は人を幸せにする力が宿っていると感じますし なによりそうした家づくりが面白い。手間がかかりますし苦労も面倒もありますが、それも含めてやりがいがあり楽しいです。ぜひ、人生の一大イベントの家づくりをいっしょに楽しみましょう。
    close
  • 素材Click!

    〜 安全や健康を担う材料 〜

    • 漆喰
      漆喰
      壁・天井の仕上げ材です。室内湿度を調整する「調湿効果」と空気を清浄にする「殺菌抗菌効果」があり、室内の空気を清々しく健康的に保ちます。経年変化が少なく汚れを吸着しない、メンテナンスも容易という優れもの。
      実質的な効果が高いだけでなく、職人の手仕事による質感は空間に温かさをもたらします。
    • 無垢の木
      無垢の木 床材 枠 造作
      床や枠は無垢の木を使います。肌に直接触れる箇所こそ感触と健康への配慮が大切。夏はさらっとベタづかず、冬はほんのり暖かい。ナラ、桜、クルミ、桧、杉など材種はいろいろ。材種によって特徴もいろいろです。無垢でも使える低温輻射熱の床暖房もあります。
    • 建具
      建具
      メーカーによる建材建具ではなく 建具屋による手作り品になります。既製品にはない無垢の木の表情が味わい深く美しい。チェリー、タモ、ナラ、シナ、クルミなどなど樹種も豊富。樹種だけでなく波ガラスや色ガラスを組み込んだり、ハンドルや取手も選びます。
    • 畳
      日本人の生活習慣を支えてきた畳。ゴロッと横になるひとときは捨てがたい。海外のい草が主流になっていますが 健康と安全に配慮して国産(熊本)の減農薬イ草を使います。中身も新建材のものでなく調湿効果と寿命の長い藁床をお勧めします。
    • 塗料
      塗料
      無垢の木の特徴を活かせる、安全で調湿効果を残せる自然オイルによる仕上げを基本としています。100%植物油(亜麻仁油、亜麻仁油など)のオイルを無垢の木に浸透させて保護し、木目を美しく際立たせます。色を付ける時には自然な風合いで褪色が少ない鉱物で着色します。
    • アイアン
      アイアン
      階段、装飾、手摺、備品などでアイアンを使います。鍛鉄作家による作品 鉄工所でつくる加工品があります。鉄の質感は漆喰や無垢の木との相性がよく空間を引き締める効果があります。鉄を使うことで意匠や空間構成の可能性が広がります。
    • 洗い出し
      洗い出し
      床の仕上げの手法の一つです。アプローチなどの外構や玄関の土間で使います。トトモニの洗い出しはどこか自然のなかの小道のように風合い 柔らかいフォルムに数種類の川砂利の組み合わせによる素朴な表情。植栽計画と合わせて提案しています。
    • 外装
      外装
      壁は塗り壁(左官)、板張り、板金系、サイディング、タイルがあります。トトモニでは重厚感があり表情に味わいがある「塗り壁」をお勧めしています。 屋根は瓦、ガルバリウム鋼板、人工スレートなど。コスト、意匠、メンテナンス性、施工性などから選択します。
    close
  • 耐震・構造Click!

    〜 永く安心して住むための技術 〜

    • 基礎
      基礎
      耐圧盤厚15㎝立上り幅15㎝ 全ての鉄筋が13㎜の異型鉄筋によるベタ基礎が標準。耐圧盤と立上がりを同時につくる一体打ちという方法を基本としています。強固で止水性、防蟻性の高い基礎ができます。地盤調査をおこない地質や地盤の耐力、バランスを考えて計画します。
    • グリーンエア工法
      グリーンエア工法
      新建材に頼らず国産無垢材で高い耐震強度を実現する工法です。(耐震等級2、3の取得可能)躯体内の通気を確保し、完成後も柱、梁などの構造材を空気に触れさせることができます。躯体内に湿気がこもらず、構造体を末永く健康な状態で維持できます。また丸太の端材を利用する事で資源を有効利用し、環境負荷を減らします。
    • 構造材・骨組
      構造材・骨組
      国産無垢の杉、桧を粘りと艶を失わない自然乾燥にこだわって使用しています。4寸(12㎝)の柱・梁、5寸(15㎝)の通し柱が基本です。日本の気候風土で育った木材は日本の家を保ち続けるのに適しています。無理のない設計と力の流れを読む事でバランスのとれた骨の組み方を心がけています。
    close
  • 断熱・省エネClick!

    〜 夏涼しく、冬暖かな家 〜

    • 外貼り断熱
      外貼り断熱(冬の暖かさ)
      ボード状の断熱材で家の外周部を包み込む気密性と断熱性が高い断熱工法になります。冬場は魔法瓶のような効果が得られ、どの部屋の室温も一定を保つ事ができます。各部屋の温度差が小さいことは、ヒートショックによる体へのストレス、健康被害を防ぐことにつながります。外気が0度になる冬場で、暖房を消して就寝しても朝を15℃で迎える性能を目安にしています。
    • 躯体内通気
      躯体内通気(夏の涼しさ)
      外張り断熱工法は外壁と内壁の間(躯体内)に空間があります。その空間を床下から小屋裏まで全てつなげ、空気を流せるようにしています。夏場は、床下から外気を取り込み小屋裏から排出する躯体内換気工法を推奨しています。床下で冷やされた空気は躯体内を通って小屋裏へ引っ張られ、小屋裏の熱気を外へ排出します。
    • ランニングコスト
      ランニングコスト
      築30年の木造住宅をトトモニ標準仕様(同規模)で建て替えた結果ですが、1月のガス代と電気代が4割以上減りました。年間を通して考えても3割近いコスト削減が期待できそうです。
    • サッシ
      サッシ
      窓は一番熱を逃がす箇所 家の温かさを確保するには窓の断熱強化が肝要になります。アルミ樹脂複合、ペアガラス(Low-E)という一般的に使われているサッシより1ランク上を採用しています。窓の結露やカビの発生を防ぎ健康的かつ、コールドドラフトもなく窓際でも快適に生活することが出来ます。
    • 省エネ制度
      省エネ制度
      2020年より一般の住宅に於いても、省エネ法により断熱性能(平成25年基準)が義務化されます(Ua値≦0.87)。トトモニでは、この「省エネ基準」より1割程度高い断熱性能を標準的な仕様としており、「低炭素建築物」の申請も可能です。
    close
  • 職人Click!

    〜 ともにつくる喜び 住まい手を想い造る人々 〜

    家が完成するまでにどれくらいの人が携わるか御存知ですか?
    直接現場にでて手を動かす職種は30くらい現場にはでてこないけど、製材や設備、部材の製作業者まで含めると100は超えてきます。
    さらに物流や銀行など、間接的に関わる人を含めると本当に多くの人の力が集まって家が出来上がります。
    ここで直接現場に出る職人を簡単にご紹介します。

    • 大工
      大工
      無垢の木の特徴を見抜き、刻んだり組んだり、構造から造作まで木を扱う職人
    • 建具
      建具
      美しい木目を見抜き、木取りをし、現場に合わせてドアや扉、引き出しを造る職人
    • 左官
      左官
      石灰、土、砂などの材料を用途に合わせて調合し、豊かな表情の壁や天井を塗る職人
    • 鳶
      建物の基礎をつくり、上棟では高さを恐れず骨組の上で掛け矢をふるう職人
    • 畳
      稲藁生産地まで足を運び 素材を吟味し、重く存在感のある本畳をつくる職人
    • 材木
      材木
      山から木を切り出し、丸太を製材し、構造材、下地材、造作材を製材する職人
    • 庭師
      庭師
      住まう人だけでなく周囲環境を考え、木、花、草、石などをつかって生活を彩る職人
    • 板金
      板金
      様々な鋼材を現場に合わせて加工、雨水の流れを読み、巧みに切りそして流す職人
    • 現場監督
      現場監督
      各職人のまとめ役
      工事段取りや近隣対策、材料の発注、折衝まで幅広い業務を行うトトモニスタッフ
    close

Copyright © 2009 Totomoni Co.,Ltd. All Rights Reserved.