vol.13 家を建てよう!と思ったら ・・・まず何から始める?

イメージ画像
イメージ画像

家を建てよう!と思ったときに、まず最初にすることってなんでしょう?
今回は家づくりへのアプローチについて ちょっと書いてみました。

まず最初にすることって、カタログを取り寄せたり、雑誌を見たり・・・ですよね。
それと住宅展示場に行ってみるといろいろ分ってきます。
いろんなメーカー、いろんな間取り、いろんな仕様の家が並んでいて
最初に知りたいことのほとんどは教えてくれます。
たぶん おなか一杯なくらい。

(モデルルームの中で)
①おそらく、まずはその家をみて「ああ なかなかいいなあ」と夢を抱きます。
もしくは「うん こんなものかな」かもしれません。

②次に じゃあどうしたらいいの?
という気持ちになった所で家づくりの大変さを諭されます。家づくりに付随する
各種手続きや検討しなくていけない事の膨大さに恐れおののきます
「ああ~なんだか大変だぞう~ ああ~」
漠然と不安に襲われ始めたとき

③そこに救いの手(営業マンの)がさしのべられます。
「大丈夫ですよ。全てこちらでフォローしますよ。何も恐れる必要はありません!」(微笑み)


閑話休題

①で「いいなあ」と感じなかった方
③でそんな営業マンの微笑みが苦手な方。
コントロールされていると感じてしまい それに抵抗を感じる方。
商業ベースの家づくりが腑に落ちない方

そんな方は ショールーム(非現実生活)を見るよりも、実際に住んでいる家を見ること、感じること、そして住まい手の話を聞くことをお勧めします。

そしてそこの住まい手が、どんなことを考えて家づくりをしたのか
ぜひ直接聞いてみてください。
家族構成、家の規模、条件もテイストも違うでしょう。
でも、家に対する考えや想いが垣間見れれば
おのずと自分の欲しい家が見えてくるのでは?と思います。

あと 一番重要なポイント。実際に生活してみてどう?が知りたいですよね。
ずばりと聞きづらいこの質問。聞けるかどうかはその場の雰囲気ですが、
でもアンテナを張っていれば 感じ取れるものはあると思います。

(齊藤 元彦)